HOME  投資信託少額からOK!初心者でも簡単に始められる資産運用7選を一挙に紹介

投資信託
少額からOK!初心者でも簡単に始められる資産運用7選を一挙に紹介

少額からOK!初心者でも簡単に始められる資産運用7選を一挙に紹介

「少額から始められる資産運用ってあるのかな」
「投資ははじめてだから、リスクが高い方法はちょっと……」

投資に興味を持ち始めた方のなかには、まずは様子見で「少額から始めたい」と考える方も少なくないでしょう。

そこの記事では、資産運用初心者でも簡単に始められる方法を7つ、一挙に紹介します。

少額から投資を始めるべき理由、また少額投資を成功させるポイントもお伝えしますので、最後まで読み、まずは毎月1000円からでも投資を始めてみましょう。

おすすめの少額投資7選

【5分でわかる】20代の平均年収~収入アップにおすすめの方法も紹介!

おすすめの少額投資を7つ、紹介します。

どれもお小遣い程度のお金から始められ、リスクも押さえつつ運用できるものばかりです。

では、それぞれの特徴について見ていきましょう。

  1. 投資信託
  2. つみたてNISA
  3. iDeCo
  4. 変額個人年金保険
  5. 外貨建て個人年金保険
  6. ポイント投資
  7. おつり投資

【1】投資信託

まずおすすめなのが、投資信託です。

投資信託とは、「ファンドマネージャー」と呼ばれる投資のプロが、多くの投資家から集めたお金を代わりに運用する手法のこと。

一般的には1万円から投資できますが、ネット証券によっては100円から投資できるところも珍しくありません。

また、投資信託で運用される商品は多くの投資先に「分散投資」をされているため、リスクに強いといった一面も。

少額から始められるだけでなく、運用や売買もプロに任せられるため、投資信託は投資初心者から特に人気を集めています。

投資信託については、「投資のお金はいくらから必要? 株や不動産よりも投資信託が安く始められる」 でも詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

【2】つみたてNISA

つみたてNISAも、少額から始められるのでおすすめです。

つみたてNISAとは、投資で生み出した利益が一定期間「非課税」になる制度のこと。

「年間40万円まで」という投資制限はありますが、毎月1000円などの少額から購入できるのは大きなメリットです。

つみたてNISAでは、先述した「投資信託」(金融商品)を基本的には購入することになります。

分散投資の恩恵を受けられるのは投資信託の大きな特徴ですが、つみたてNISAで対象とされている商品は、手数料が低額など、リスクの低い商品があらかじめ厳選されているといったメリットも。

金融商品を初心者が選ぶのはなかなか難しいものですが、つみたてNISAであればリスクを抑えながら、かつ少額から運用できるのです。

つみたてNISAについては、「NISAの非課税はいつまで?一般・つみたて・ジュニアに分けて解説」 も参考にしてみてください。

【3】iDeCo

少額から運用を始めたい方は、iDeCo(個人型確定拠出年金)も検討してみましょう。

iDeCoとは、定期預金や保険、投資信託などの金融商品を自ら選んで資産運用を行う手法のこと。

「掛け金(拠出した額)」が全額所得控除となるなど、メリットが大きい手法でありながら、毎月5000円から1000円単位で掛け金を設定できるといったメリットも。

少額から始められるので、初心者でも無理なく続けていけるでしょう。

さらに運用益が非課税になるなど、至れり尽くせりの制度に見えますが、60歳になるまでは原則資金を引き出せないことには注意が必要です。

iDeCoについては、「iDeCoの「いつまで」に回答~年齢・掛け金・運用・年末調整&確定申告」 でも詳しく解説しています。

【4】変額個人年金保険

変額個人年金保険も、初心者におすすめの少額投資手法です。

変額個人年金保険とは、株式や債券を運用し、その運用実績によって受給できる年金の額が変動する手法のこと。

1万円単位で運用できる保険も存在し、中途解約した場合でも返戻金が手に入ります。

また、変額個人年金保険は「保険」の性質も持っていることから、死亡保険金などの手当ても充実。

「投資のついでに保険も」と考える方から、特に注目を集めている手法です。

【5】外貨建て個人年金保険

投資で高利回りを得たい方は、外貨建て個人年金保険も検討してみてください。

外貨建て個人年金保険とは、その名のとおり、外貨で将来の年金を積み立てていく手法のこと。

月払いの外貨建て個人年金保険では、1万円から積み立てていくことができます。

基本的には長期運用が推奨される手法で、運用歴を重ねるほど最終的には大きな利益が出やすい手法として知られます。

さらに、掛け金が所得から控除できるため、節税効果を期待できる点もメリットです。

一方で、為替リスクとは常に隣り合わせで、解約をすると元本割れが起きることも。

こうしたデメリットを踏まえ、それでもコツコツと長期的に投資を続けられる自信のある方は、外貨建て個人年金保険も選択肢のひとつに入ってくるでしょう。

【6】ポイント投資

「投資にあてられるお金が全くない……」という方は、ポイント投資を始めてみましょう。

ポイント投資とは、買い物で貯めたポイントを投資に回せる手法のこと。

たとえば楽天証券では、楽天のサービスで貯めたポイントを株式の購入費用などにあてることができます。

あくまで「ポイント」のため、たとえ運用に失敗したとしても、資産には被害が出ないことが大きなメリットです。

一方で投資額がかなり少額のため、長く運用しても大きな利益にはなりません。

そのため、投資で大きな額を手に入れたい方にはおすすめできませんが、リスクをゼロ近くまで下げて投資をしたい、そもそも投資の仕組みを理解したい、といった方にはメリットのある方法といえますね。

楽天証券について知りたい方は、「楽天証券は楽天カードのクレジット決済がお得?つみたてNISAも簡単解説」 を確認してみてください。

【7】おつり投資

おつり投資も、少額から投資を始めたい方から人気を集める手法です。

おつり投資とは、その名のとおり、おつりを投資に回せるサービスのこと。

おつりは自動的に投資信託に回され、世界中の資産に分散投資されます。

サービスとしては、「トラノコ」や「マメタス」が特に人気ですね。

どちらも専用のスマホアプリで手軽に始められ、一度設定してしまえばあとは勝手に運用をしてくれるサービス。

「できる限り手間なく投資を始めたい」といった方にはぴったりです。

資産運用初心者が「少額」から始めるべき理由

資産運用初心者は、少額から投資を始めることが“鉄則”です。

なぜなら少額から始めることで、以下のメリットを受けられるからです。

  • リスクが分散できる
  • 長く続けやすい
  • 今の生活を大きく変える必要がない

リスクが分散できる

少額から投資を始めると、リスクを分散できます。

厳密には、投資信託など、少額からコツコツと投資を始められる金融商品を買うことでリスクの分散を図れるのです。

そもそも、投資先をひとつに絞ると、その投資対象の価値が下がったときに大きな損失を被ってしまいます。

一方で、投資信託のように多くの投資先に幅広く投資していれば、たとえばAという投資先が被害を受けても、残りのB、Cという投資先が無傷であれば、全体でみると被害を最小限に食い止めることができるのです。

つまり少額から投資を始めたい方は、投資信託を選択することで、分散投資のメリットを受けつつ、リスクを減らしたうえで投資をおこなえるのですね。

長く続けやすい 

長く続けやすい、という点も少額から投資を始めるべき理由のひとつです。

実際に投資を始めた方のなかには、将来的な資産が増えるからと、はじめから給料の3分の1近くを投資に回す方が少なくありません。

しかし、給料の10分の1でも貯蓄に回せたら及第点といわれるなか、3分の1ものお金を投資に回すのはそもそも無理な話。

事実、生活が苦しくなり、投資から身を引く人もあとを絶たないのです。

その点、はじめは1000円からでも投資を始めれば、無理なく投資を続けられます。

ちなみに投資の世界では、同じ商品を10~20年運用し続ける「長期投資」が推奨されています。

なぜなら、長く運用すればするだけリスクが吸収でき、結果として多くの利益確保につながりやすくなるためです。

そのため、少額でもコツコツと長く投資し続けることができれば、気づいたときには大きな額となっていることも珍しくないのですね。

今の生活を大きく変える必要がない

少額投資を始めれば、今の生活を大きく変える必要もありません。

たとえば毎月の飲み会代を減らし、浮いた数千円で投資を始めるのもひとつの手。

スマホを格安SIMに換えたり、不要な保険を解約したりすることで、投資にあてるお金を確保することもできます。

このように少額投資であれば、いまの生活レベルを変えず、ストレスなく投資生活を始められるのです。

生活費を抑える方法については、「確実にお金を増やす方法はこの3つだけ!具体的な方法も解説します」 のなかでもお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

「少額」の資産運用を成功させるには?

投資を始めるにあたっての心構え

少額の資産運用を成功させるためには、3つのポイントを押さえておく必要があります。

特に投資初心者の方は、失敗のリスクを減らすためにも以下の3つを強く意識するようにしてください。

  • 余裕資金のなかでおこなう
  • とにかくコツコツと投資し続ける
  • 目的を決める

余裕資金のなかでおこなう

まず意識したいのが、少額投資は「余裕資金のなかでおこなう」ということです。

たとえば、生活費と給料の額が同じ場合、その生活費のなかから投資にあてるお金を回すのはおすすめできません。

生活が苦しくなると、それだけストレスがかかるだけでなく、投資には「資産が減る」というリスクもあることから、結果として大きな影響を生活に与えてしまう可能性もあるからです。

そこで、投資を始める際は、まずは生活費を把握することから始めましょう。

そのなかで、もしも余分なお金があるのであれば、それを投資に回してみてください。

ちなみに、給料の一部を銀行口座への貯蓄として回している方もいるかと思いますが、現在の日本では、銀行に預けていても利息がほぼつきません。

もちろん、銀行は「資金の安全な置き場所」ではありますが、貯蓄を続けつつ、生活費を切り詰めてまで投資をするのは本末転倒。

もしも生活費に手をかけようとしているのであれば、まずは銀行への貯蓄のなかから、その一部でも投資に回せないか検討することから始めてみましょう。

とにかくコツコツと投資し続ける

これから少額投資を始めようと考えている方は、とにかくコツコツと投資をし続ける、ということも強く意識してください。

投資を始めると、色々な情報が耳に入ってきます。

すぐに利益を確保できる商品や、リスクの高さに比例して利回りが高い投資手法などの情報に触れる機会も増えるでしょう。

この場合、なかにはコツコツと積み上げてきた投資信託をやめてしまう方もいますが、それはかなりもったいない話。

なぜなら、長期的に運用すればリスクも軽減でき、ゆくゆくは想像以上の額を手に入れられる可能性が高いからです。

たとえば、毎月1万円を年利5%(複利)で20年間運用した場合、20年後の額は「412万円」に。

これは、投資に回さず、1万円を利息なしで20年間貯めた額「240万円」と比べると、実に約172万円も得することを意味します。

もちろん長期的にコツコツと貯めていくのは、先の見えない道を手探りで歩んでいくようなもの。

「このまま続けて大丈夫なのかな」と不安を覚えることもあるでしょう。

しかし、少額でも長期的に投資し続けるメリットは、多くの研究でも明らかになっていることです。

まずは、愚直にコツコツと。

このことを、強く意識してみてください。

目的を決める

少額投資を始める前に、目的を決めることも大切です。

なぜなら目的を決めることで、資産運用のモチベーションが高まるからです。

たとえば、目的もなく1万円を投資に毎月回している人と、10年後に1000万円を貯めることを目的に1万円を投資し続けている人を比べると、挫折することなく投資を続けられるのは間違いなく後者でしょう。

「目的を決める」というのは当たり前のことと思われがちですが、ダイエットや節約、英語の勉強など、挫折してしまう人の多くは、目的のないままとりあえず始めてみる人が少なくありません。

一方で、以下のような目的を決めて取り組んでいる人は、目的達成をモチベーションに、日々のコツコツとした努力を続けられるのです。

・12月までに5kgやせる
・毎月1万円節約する
・3か月後のTOEICの点数を800点台に乗せる

投資は、孤独な戦いです。

たとえ少額の投資であっても、利益が出なければ、投資そのものを諦めてしまうこともあるでしょう。

こうしたときは、まずは「投資の目的」に立ち返ってみてください。

「そもそも、なんで投資をしているのか」ということに改めて考えを巡らせることで、投資へのモチベーションが再び湧いてくるはずです。

資産運用初心者は「少額」からお金を増やしていこう

資産運用をはじめて行う方は、まずは1000円からでも良いので投資を始めてみましょう。

多くの方は投資には興味があるものの、面倒臭さを感じ、結局は投資を始めません。

その点、1000円からでも投資を始めた方は、その他大勢の投資未経験者と比べ、大きな一歩を踏み出したことになります。

そして、投資信託をはじめ、今回紹介した手法に挑戦してみると、「投資って意外に簡単だな」ということにも気づくはず。

投資は、はやく始めるに越したことはありません。

今日からでも、少額投資にチャレンジしてみてくださいね。