HOME  投資信託1株ずつ買える「単元未満株」ならタピオカ感覚で株銘柄を選べる!

投資信託
1株ずつ買える「単元未満株」ならタピオカ感覚で株銘柄を選べる!

1株ずつ買える「単元未満株」ならタピオカ感覚で株銘柄を選べる!

「株は最初に必要な金額が高いからね」
「金額が金額だから、読み間違えるとハイリスクだよ」
「100株買うと200万か~手が出ないな」

こんな言葉を聞いたことがありませんか。

だから株は手が出しづらい……そう思っている人は少なくないはずです。

この記事は、1株から、500円から買うこともできる「単元未満株」についてまとめました。

基本的な株の買い方から説明していますので、初心者の方はぜひ最後までご覧ください。

株の売買は最低100株からで初期投資額が高い?

はじめに、基本的な株の買い方をおさらいしておきましょう。

株を買うために最低限必要な金額は
「株価(現在値)」×「単元株数(最低単位数)」
で計算します。

 株価(現在値/げんざいね)とは

現在値は、一般的には「げんざいち」と読みますが、証券市場用語では「げんざいね」と読みます。

現在値(げんざいね)
直近の約定価格のこと。
マーケットの前場・後場を通じた1日の中での、最新の株価をさす。

野村證券

ちなみに「約定」は「やくじょう」と読みます。

約定(やくじょう)
注文が執行され売買が成立すること。
株式など、注文を出しても値段などが合わずに、執行されたものの約定に至らない場合もある。

野村證券

つまり、「現在値(げんざいね)」とは、「直近で売買が成立した価格」のことです。

 単元株数(最低単位数)とは

株を売買する単位は、以前は1株から2000株まで8種類ありました。

しかし、単位の種類が多いせいで誤発注につながったり、海外からの投資家が入りにくいなどの不便がありました。

そのため2018年10月1日から、国内の上場企業は100株単位で売買することに統一されました。

つまり、基本的には現在値(直近で売買が成立した価格)×100 が、株を買うために最低限必要な金額です。

1株ずつならワンコインで買えるって本当?

1株ずつならワンコインで買えるって本当?

さきほど「基本的には」と書きましたが、例外として単元未満株という制度があります。

単元未満株は、1株ずつ株を買う方法と、金額を指定して株を買う方法の2種類あります。

 1株ずつ株を買う方法

通常であれば100株(1単元)で買わなければいけません。

ですが、単元未満、つまり100株未満で買えるサービスを取り扱う証券会社があります。

1株ずつ買うことができれば、何十万、何百万もの貯金がなくても投資をすることができるのです。

 Q. 実際、株価っていくらぐらい?

よくニュースで聞く「日経平均株価」は大体2万円前後ですよね(2020年8月時点)。

「1株って2万円くらいなのかなぁ」
「100株買うなら200万円だから、投資家ってお金持ちなんだろうなぁ」

とイメージしている方も多いのではないでしょうか。

しかし日経平均株価は、いわゆる私たちが想像する「平均」とは異なる計算をしています。

まず、東証1部市場に上場している株の銘柄は2173あります(2020年8月時点)。

「日経平均株価」は、2173もの銘柄のなかから日本経済新聞社が選んだ225銘柄の株価をもとに計算するのですが、225銘柄の株価の合計を225で割るわけではありません。

株式分割などの影響で数字がブレることを防ぐため、

• 「除数の修正」
• 「みなし額面による調整」

が行われ、最終的に225ではなく24.197で割ります。

(詳しく知りたい方は「除数の修正」などで検索してみてください)

割る数字が約10分の1になるため、「平均株価」は実際の平均の10倍ほどの数字になるのです。

東証1部の全2173銘柄の価格帯を表にまとめました。(2020年8月24日調べ)

1株の価格銘柄数全2173銘柄中の割合
10,000円以上341.5%
5,000~9,999円1205.5%
3,000~4,999円23410.7%
1,000~2,999円1,00246.1%
1,000円未満78336.0%

こうして見ると、1株なら3,000円未満で買える株が82.1%にものぼります。

ちなみに、500円未満の銘柄は280ありました。

耳より情報🐰
ゴンチャのタピオカ黒糖ミルクウーロンティーが590円ですから、“タピる”より安く株が買えるのです。
ブラックミルクティーにするか、黒糖カフェオレにするか。
タピオカを入れるかナタデココを入れるか。
今日のタピオカミルクティーを選ぶように、欲しい株を選ぶことができます。

 金額を指定して株を買う方法

1株、2株といった株基準の単位ではなく、「1,000円分」というように金額を指定して株を買うこともできます。

こちらは最低500円からの購入が一般的です。

500円分だと、1株よりも更に小さい0.1株分、なども手に入れることが可能です。

1株から買える「単元未満株」のメリット

1株から買える「単元未満株」のメリット

「単元未満株」のメリットは以下の3つです。

  • 資金が少なくても株の売買に挑戦できる
  • 少額から投資できるのでリスクを分散できる
  • 株数に応じた配当が受けられる

資金が少なくても株の売買に挑戦できる

投資に関心は合っても先立つものがない……

そんな人にとって、単元未満株であれば何十万、何百万と言う貯金を準備しなくても株取引ができます。

少額から投資できるのでリスクを分散できる

また、失敗が怖い人にとっても、少額から始められる単元未満株は取引の勉強にぴったりです。

少額ずつ複数の銘柄を買う分散投資ができるからです。

たとえ株価が下がっても、大きな損失にはならず「授業料」と思えることも大きな魅力です。

株数に応じた配当が受けられる

保有株数に応じて配当金を手に入れることができます。

単元未満株では株主優待は基本的にありませんが、株主優待を実施している企業もあるのでその場合はさらにメリットがあります。

1株から買える「単元未満株」のデメリット

1株から買える「単元未満株」のデメリット

「単元未満株」のデメリットは以下の3つです。

  • 利益も少ない
  • 手数料が割高
  • 株主が持つ議決権は無い

利益も少ない

少ない投資額で挑戦できる分、株価が上がっても利益は少ないです。

リスクが小さいメリットの裏返しなので仕方がないでしょう。

手数料が割高

通常の株式売買に比べると、手数料が割高になることが多いです。

ワンコインでの投資でメリットが生まれても、手数料を差し引くと利益を手に入れることは難しいと言えます。

議決権は無い

株主になると、配当金以外に「議決権」「株主優待」などのメリットがありますが、これは単元で株を買った場合のみに生まれるメリットのため、単元未満株ではその権利はありません。

議決権や株主優待がほしければ、少しずつ買い増して単元で株を保有できることを目指しましょう。

1株からの「単元未満株」を買える証券会社比較

1株からの「単元未満株」を買える証券会社比較

ここまで説明してきた単元未満株を買える証券会社を比較してみました。

まずは表でご覧ください。

そのあとに各社のワンポイント説明を書いておきますので、気になるサービスがあれば公式ページをご覧ください。

 売買手数料(税抜)
手数料/約定代金
取扱銘柄(株)取扱銘柄(株以外)注文可能時間NISA口座
ネオモバ(SBIネオモバイル証券)
月額制
月額200円/50万円まで東証ETF、Jリート24時間×
1000円~/300万円まで
S株(SBI証券)
1回ごと
50円/1万円まで
東証ETF24時間
0.5%/1万円以上
LINE証券
1回ごと
日中:料率0.05%
東証の300銘柄
ETF15本
9:00~21:00×
夜間:料率0.5%
ワン株(マネックス証券)
1回ごと
48円/9600円まで
東証、名証
×前日17:00~当日11:30
0.5%/9601円以上
プチ株(auカブコム証券『旧称:カブドットコム証券』)
1回ごと
48円/9600円まで

東証、名証ETF24時間
0.5%/9601円以上

SBIネオモバイル証券のポイント

  • ◎Tポイントで投資できる
  • ◎1カ月の約定代金50万円まで月額手数料200円(税抜)
  • ◎Tポイント200ポイントが還元されるので売買手数料は実質ほぼ無料
  • △NISA口座は使えない

SBIネオモバイル証券の公式サイトはコチラ

SBI証券のポイント

  • △定期的に売買するなら傘下の「ネオモバ」のほうがお得
  • ◎NISA口座を使いたいならSBIネオモバイル証券よりSBI証券

SBI証券の公式サイトはコチラ

LINE証券のポイント

  • ◎LINEアプリからLINEポイントでも投資できる
  • ◎日中なら売買コスト最安値レベル
  • △NISA口座は使えない

LINE証券の公式サイトはコチラ

マネックス証券のポイント

  • ◎NISA口座が使える
  • △市場が開いている時間帯は発注できない

マネックス証券の公式サイトはコチラ

auカブコム証券のポイント

  • ◎24時間いつでも発注が可能
  • ◎NISA口座が使える
  • 〇手数料は平均的

auカブコム証券の公式サイトはコチラ

まとめ

この記事では、基本的な株の売買の方法から単元未満株を売買できる証券会社の比較までまとめました。

少額で始められるのが単元未満株の何よりの魅力です。

大きな利益を出そうというより、チャートの読み方、株式売買の方法を学ぶためのレッスンだと思って始めてみるのはいかがでしょうか。

500円未満の株でも、意外に知っている企業はたくさんあるので見るだけでも楽しいものです。

気になる企業があれば、ぜひ上記の証券会社の公式サイトを読んでみてください。