HOME  お金借りる  即日で借りる至急お金を作る方法は?おすすめの方法から注意点、利用手順まで

即日で借りる
至急お金を作る方法は?おすすめの方法から注意点、利用手順まで

至急お金を作る方法は?おすすめの方法から注意点、利用手順まで

この記事は、至急お金を作りたい人、しかも質屋やリサイクルショップなどに高額で売れるブランド物などを持っていない人に向けて書きました。

お金を得る方法は限られているため、

「どのような方法を選べば良いのか分からない」
「土日祝でも即日お金を得る方法はあるのか?」 

という様々な疑問や心配があるでしょう。

確かに、至急お金を作るには平日よりも土日祝のほうが難易度が高いです。

しかし、平日でも土日祝でもお金を作る方法はちゃんとありますので安心してください。

また、その方法を利用する上で確認しておくべきことや、利用手順までお伝えしています。

【結論】至急お金を作りたいなら「プロミス」がおすすめ!

至急お金を作りたいなら「プロミス」がおすすめ!

至急お金が必要な状況は人の数だけありますが、至急お金を作る方法は限られているのが現実です。

質屋やリサイクルショップに高額で売れるものを持っている人は、こちらの記事「「助けてお金が借りれない」即日審査なしで借りれる最終手段まとめ 」に質屋の説明が詳しいので参照してください。

また、至急お金が必要な人に対してポイントサイトへの登録やアフィリエイトのセルフバックを推奨するサイトもありますが、いずれもそのような方法を紹介することでサイトにお金が入る手段を勧めていることが多く、至急でお金が手に入る手段ではないので、すごいカード編集部としてはおすすめしません。

本当に困っている人にとって、そのような遠回りの手段はかえって時間を浪費してしまうからです。

至急でお金が必要な人におすすめできるのは、プロミスで借りて、無利息期間の30日以内に返済する方法です。

大手消費者金融の「プロミス」なら以下の3つのメリットがあるため、平日でも土日祝でも即日融資を受けやすくなっています。

 土日祝でも最短30分の審査&最短60分で融資
 24時間365日、最短10秒で振込してもらえる
 在籍確認を書類提出にできる可能性がある

最短30分の審査&最短60分で融資

プロミスは最短30分で審査が完了し、早ければ60分で融資まで完了できます。

ちなみに審査時間と融資時間が平日と変わらないため、土日祝でも即日融資を受けることが可能です。

24時間365日最短10秒で振込できるサービスがある

プロミスには「瞬フリ」というサービスがあり、希望の口座に24時間365日最短10秒で振込してもらえます。

瞬フリを利用できる金融機関は日本全国で約200個ありますので、ほとんどの金融機関で利用が可能です。

瞬フリが無理なら自動契約機を利用しよう

プロミスは、瞬フリが利用できない場合でも「自動契約機」という手段が使えます。

自動契約機を利用すれば、その場でカードを発行してくれますので、そのカードを使ってATMから借入することができます。

自動契約機やATMは土日祝でも関係なく利用できるため、いつでも当日中に借入することが可能です。

在籍確認を書類提出にできる可能性がある

プロミスでは、在籍確認を「書類提出」にできる可能性があるというメリットもあります。

勤め先への在籍確認は通常電話でされますが、審査担当者に相談すれば、社員証や社会保険証、給与明細などの「勤務先を証明できる書類」を提出すればOKとしてもらえることがあります。

このため、「申込日は会社自体が休みで在籍確認ができない・・・」というような人でも、即日融資が受けられる可能性があります。

プロミスには他にもメリットがある!

プロミスは他にも以下のようなメリットがあります。

無利息サービスがある
 申し込み手続が簡単&借入までネットで完結
カードレス&郵送物なしを選択できる
 お得なポイントサービスがある

特に魅力的なのが「無利息サービス」です。

プロミスをはじめて利用する人は借入日の翌日から30日間無利息になるため、30日分の利息をお得にできます。

無利息期間中に完済できるというのであれば、利息0円での借入も可能です。
利息0円で返済できれば、実質ただの後払いと言うことができますよね。

プロミス 新キャプチャ

ボタン

プロミスの魅力については、「プロミスを借りる理由とは?みんながプロミスを安心して利用できる理由 」でも詳しく解説中です。

至急お金を作るなら借入が最適!しかしプロミス以外は土日祝に注意点も…

至急お金を作るなら借入が最適!しかし土日祝は注意点も…

当日中にお金を得たい場合、おすすめなのはカードローンやキャッシングなどの「借入」です。

カードローンやキャッシングといった借入であれば、申込当日に融資してくれる業者も多いですし、10万円~50万円程度のまとまったお金を得ることができる可能性が高いからです。

しかし、土日祝に借入をしたい場合は平日と異なり、以下のような注意点があるため、気をつけてください。

 そもそも土日祝の即日融資に対応していないことがある
 即日振込に対応してくれないことが多い
 在籍確認が当日中にできないといけない

そもそも土日祝の即日融資に対応していないことがある

土日祝の場合、借入先が休みで審査や融資に対応してくれないということも多いです。 とくに大手以外の中小の業者はその傾向が強くなっています。

即日振込に対応してくれないことが多い

土日祝は銀行がお休みとなるため、即日振込に対応してくれない業者が多くあります。

このため、当日中に借入するには来店が必要になるケースがあります。

在籍確認が当日中にできないといけない

カードローンやキャッシングの審査には「在籍確認」があるため、即日融資を受けるにはこの在籍確認を当日中にクリアしないといけません。

在籍確認は現在の勤め先にされます。

しかし土日祝ですと「会社自体が休みで誰もいない」という問題が発生するケースも多いです。

やはり、すごいカードでは土日祝も関係なく365日24時間、60秒で振込してもらえるプロミスが一番安心できる手段としておすすめします。

プロミスには審査がある!通過できそうか確認してくべき5つの項目

プロミスには審査がある!通過できそうか確認してくべき5つの項目

プロミスで借入するには審査に通過しないといけません。

プロミスの審査基準は非公開なため、どのような基準で審査の合否を決めているのかは不明です。

しかし、一般的にカードローンの審査は、最低でも以下の5つの条件を満たしていないと通過するのは難しいので確認しておいてください。

 申込条件を満たしているか?
 毎月収入があるか?
 総量規制オーバーになっていないか?
 他社の返済をしっかりしているか?
 過去に事故情報を起こしていないか?

申込条件を満たしているか?

申込条件を満たしていないと審査に通らないのは確実です。

ただし、プロミスの申込条件は「年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方」となっており、決して難しいものではありません。

毎月収入があるか?

毎月収入がないと審査に通るのは難しいです。

プロミスのようなカードローンの審査では、収入の継続性がもっとも重視されるケースがほとんどと言って過言ではありません。

収入に継続性がない人にお金を貸してしまうと、延滞や貸し倒れの危険が高くなるからです。

このため、月に1回は何らかの形で収入がないと審査に通過はできないと思っておきましょう。

ただし、毎月収入さえあれば、この条件をクリアするのは難しくありません。

プロミスの公式サイトにはアルバイトやパートでもOKという記載がありますし、口コミサイトを確認しても、収入が低めの人でも審査に通っている人が沢山います

毎月収入があれば、月収が1万円しかないようなよっぽど低収入の人以外は、借入できる見込みがあります。

総量規制オーバーになっていないか?

総量規制とは、貸金業者の融資は借り手の年収の1/3までという法律になります。

貸金業者とは、消費者金融・信販会社・クレジット会社のことです。

プロミスは消費者金融であるため、総量規制の対象になり、年収の1/3までが借入上限です。

年収の1/3にはプロミスだけでなく、他の貸金業者の借入を含めます。

このため、他の貸金業者から借入している金額が年収の1/3に達していると総量規制オーバーとなり、プロミスの審査に通らなくなります。
年収の1/3に近い場合もその可能性が高くなるので注意です。

総量規制については、「カードローンの総量規制ってなに?5分でわかる総量規制 」でも解説しています。

 総量規制の適応外の借入も審査に影響する

プロミスの審査では、総量規制の適用外の借入もチェックされ、それらも審査に影響します。

総量規制の適用外の借入とは、たとえば、銀行や信用金庫のカードローンやフリーローンなどの「無担保ローン」の現金の借入ですね。

こうした借入の金額や件数が多いほど、返済能力を低く判断されやすくなり、審査に通りづらくなるので気をつけてください。

他社の返済をしっかりしているか?

プロミスの審査に通過したいなら、クレジットカードやローンなどの返済もしっかりとしていけなくてはいけません。

プロミスの審査では信用情報機関ヘの照会があり、他社の返済記録も確認されるからです。

信用情報機関とは、クレジット会社やローン会社が加盟している機関であり、加盟会社は自社の顧客情報を提供しています。

よって、あなたがこれまで利用した、クレジットカードやローンなどの返済記録があるのです。

プロミスの審査ではこの返済記録を確認し、「しっかりと返済日を守ってくれそうか?」という点の判断材料にするため、返済日を守っていないと審査に悪影響があります。

このため、以下のような返済はしっかりとおこなうようにしてください。

 クレジットカード
 カードローン
 住宅ローンやマイカーローンなどの各種ローン
 ショッピングローンや携帯電話本体の分割払いなどの割賦契約

過去に事故情報を起こしていないか?

過去に「事故情報」を起こしているとプロミスの審査にはまず通りません。

事故情報とは、信用情報機関で「重大な金融事故」として扱われる以下の4つを指します。

 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)
 長期延滞
 強制解約
 代位弁済

これらが信用情報機関に記録されてしまうと、カードローンやクレジットカードなどの審査にはほぼ通らなくなります。

そのため、プロミスの審査に通るには、信用情報機関に事故情報がないというのも条件のひとつです。

プロミスの必要書類と申し込みの流れ

プロミスの必要書類と申し込みの流れ

ここまでの解説で、プロミスの魅力と審査に通るための条件は理解してもらえたかと思います。

あとは必要書類を用意して申し込みをするだけですので、この章ではその点についてお伝えしていきます。

必要書類はこの2つ

プロミスの必要書類は「本人確認書類」と「収入証明」の2点です。

まず、本人確認書類は絶対に必要です。

本人確認書類は「運転免許証」を提出するのが基本ですが、無い場合は「パスポート」か「健康保険証+住民票(来店契約のみ)」を提出します。

収入証明は次の条件に当てはまる人が必要になります。

 希望限度額が50万円超になる場合
 プロミスの希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円超になる場合

プロミスで有効な収入証明は以下の3つです。

 源泉徴収票(最新のもの)
 確定申告書(最新のもの)
 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

プロミスに申し込みして借入するまでの流れ

プロミスに申し込みして借入するまでの流れは、インターネットで申し込みしてWEB契約する場合ですと、次のようになります。

1. プロミスの公式サイトにアクセスし、申込手続をする
2. 必要書類の送信
3. 審査~希望の方法(メール・電話)で審査結果の通知
4. WEBで契約&返済方法を「ATM」か「口座振替」から選択
5. 銀行振込で借入
6. カード&契約書類の郵送

プロミスの場合、審査時間は最短30分で融資までは最短60分です。

まとめ

即日お金を得たいのであれば、カードローンやキャッシングといった借入が最適です。

カードローンやキャッシングなどの借入であれば、簡単な申込手続で即日借入することが可能ですし、まとまったお金を得られる可能性が高いからです。

しかし、土日祝ですと問題点もあり、平日よりも難易度が高くなっています。

そうした問題点をクリアしているのが「プロミス」です。

プロミスであれば、土日祝でも最短30分の審査&最短60分で融資が可能であり、「瞬フリ」によって時間や曜日を選ばずに即日振込してもらえます。

30日間の無利息期間がありますので、利息を0円に抑えることも能です。

このため、至急お金が必要なら、プロミスを検討してみるのがおすすめです。

プロミス 新キャプチャ

ボタン