来店不要で24時間いつでも即日融資を受けられる会社とその方法

お金は必要だけど、わざわざそのために出掛けたくはないですし、出先のついでに行くのも面倒ですよね。

そういった忙しい方のために、家に居ながら簡単にお金を借りれるサービスがどんどん増えていきました。

しかも条件によっては、24時間いつでもお金を受け取ることができるので、万が一の時にも非常に安心です。

そこで今回は、即日でお金を借りる方法はもちろん、その条件や注意点についてもお話ししていきます。

目次
1.24時間・来店不要で即日融資可能なカードローン2選
アコム
プロミス
その他のカードローン
2.来店不要で即日融資を受ける具体的な5つの手順
手順1.借りる目的を明確にして会社を決める
手順2.必要書類を揃える
手順3.ネットで申し込みを行う
手順4.審査を受ける(在籍確認)
手順5.お金を受け取る
3.タイプ別おすすめの消費者金融
タイプ1.速さと安心感で選んだ場合
タイプ2.給料日前の短期間しか借りない場合
タイプ3.1度に大きなお金を借りて長期的に返済していく場合
タイプ4.在籍確認の電話を受けたくない場合
4.お金を借りる上での注意点
注意点1.1度に何社も申し込んではいけない
注意点2.借入限度額を高く設定しない
注意点3.無断で滞納しない
5.まとめ

1.24時間・来店不要で即日融資可能な消費者金融2選

指定の銀行口座を持っている必要はありますが、24時間いつでもお金を振込んでくれるカードローンは、次の2つになります。

カードローンって?

カードローンとは、無担保で受けられる融資の事ですが、簡単に言うとアコムやプロミスのような消費者金融や、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行のような銀行から、お金を借りる事になります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドになります。

また、自動車ローンや住宅ローンのように、借りたお金の利用方法に制限はないので、年利は高めです。

プロミス 

プロミス 新キャプチャ

ボタン

詳細

プロミスは、最短即日でお金を借りることができるので、急いでいる方でも安心です。

審査時間は最短30分であり、申込~借入までは最短1時間で終わります。

申し込み方法にはの4つがありますが、「WEB」か「自動契約機」からの申し込みが一番早く借り入れることができるのでおすすめです。

  • WEB申し込み
  • 電話申し込み
  • 郵送での申し込み
  • 自動契約機での申し込み 

しかも、プロミスなら正社員でなくても安定した収入さえあれば審査対象になるので、パートをしている主婦、アルバイトの学生でも審査に通る可能性があります。

また、最大金利が17.8%と他の消費者金融より低くなっているので、少しでもお得にお金を借りたいという人にも人気です。

プロミスの30日間の無利息サービスは、「お金を借りてからサービスが適用」されるので、無利息サービスを30日間フルで活用する事ができます。

他社の無利息サービスは、契約日から無利息サービスがスタートしてしまうため、契約日から10日後にお金を借りると無利息サービスは20日分しか受けることができません。

数あるサービスの中でも、プロミスオリジナルのサービスとして人気を集めているのが、女性オペレーター専用のダイアルであり、女性はもちろん男性でも疑問点や契約について女性オペレーターに確認することができます。

男性オペレータだと、どうしても聞きたい事が聞けないという方は非常に多いので、このサービスは非常に人気を集めています。

アコム

ボタン

詳細

アコムでは、申し込みを24時間365日受け付けており、審査自体は平日や土日関わらず最短30分で終わるので、お急ぎの方でも安心です。?

ただ、申し込みは24時間365日対応していますが、審査対応時間は9時~22時までですので、当日中にお金が必要であれば遅くても20時までには申し込みをしましょう。

アコムの申し込みの方法は次の3種類ですが、「インターネット」か「自動契約機」を使う事が最も早くお金を借りるポイントになります。?

  • 電話
  • インターネット
  • 自動契約機むじんくん?

また、アコムは、最短即日でお金を借りることができ、スマホ等を使うことで「申し込み~契約」までをWEBで完結できるため、来店せずにお金を借りることも可能です。

審査基準も高いわけではなく、正社員ではなくパートやアルバイトで安定した収入を得ているのであれば、主婦や学生であってもお金を借りれる可能性があります。

しかも、アコムでは30日間の無利息サービスを受けることができるので、初めて利用するのであれば30日間はタダでお金を借りることができます。

最大手だけあり、他社カードローンが提供しているほとんどのサービスを提供しており、最大手という安心感やサービスの細かさがアコム最大の魅力になります。

その他のカードローン

ご紹介した2つのカードローン以外にも、来店不要で即日融資可能なカードローンはありますが、24時間振込に対応しているカードローンはありません

そのため、24時間いつでも借りれるカードローンであれば、この2つのどちらかになります(24時間即日振込を受けるには特定の銀行口座を持っている必要があります)。

2.即日融資を受けるための5つの手順

ここから、家から一歩も出ずに即日融資を受ける方法について具体的にお話しして行きます。

  • 手順1.自分に合った会社を選ぶ
  • 手順2.必要書類を準備する
  • 手順3.申し込みを行う
  • 手順4.審査を受ける
  • 手順5.契約してお金を受け取る

※会社によっては、2~4の順番が前後します

手順1.自分に合った会社を選ぶ

  • 明日までにお金が必要
  • 数万円だけ必要
  • できれば口座に直接振り込んでほしい
  • 手数料をかけずに返済したい
  • ローンカードは持ちたくない
  • 電話連絡はしないでほしい

・・・

このように、人によってカードローンに求める事は様々だと思います。

そこでまずは、自分の求める条件にマッチしたカードローンを選ぶ必要があります。

また、「そんなこと考えるのは面倒だよ...」という方は、次の3章で紹介しているカードローンを検討してみてください。

手順2.必要書類を揃える

家に居ながらお金を借りるためには、最低限本人確認できる書類と在籍証明ができる書類を用意する必要があります。

カードローン 必要書類 図
※在籍証明書(収入証明書)に関しては、会社によって求められるものが変わりますが、基本的にこの中のなにか1つがあれば大丈夫です。

手順3.ネットで申し込みを行う

借りる会社を決めたら後は簡単です。

ネットを使って借り入れの申し込みを行います。

必要項目を入力した後、FAXやメールを使って、必要書類のデータを送ります。

手順4.審査を受ける(在籍確認)

申込が終わると審査がはじまります。

審査は会社が行うので、カードローンによっては、30分~1時間ほどで終わってしまいます

ただ、この審査期間中に、勤務先に対して在籍確認の電話が行われます(これはなんとなく嫌ですよね…)。

電話の内容そのものはシンプルで、名前や生年月日など、簡単な質問に答えるだけですし、「○○は不在です。」というように、本人が在籍しているとわかるだけで、終わります。

この在籍確認は避ける事が出来ませんが、モビットであれば電話ではなく書類で在籍確認を行うので、電話確認はありません。

手順5.お金を受け取る

無事審査に通ることができれば、後は契約を交わしてお金を借りるだけになります。

指定した口座を利用してお金の借入・返済を行えるので、ネットだけで簡単に借入返済が行えます。

3.タイプ別おすすめのカードローン

それでは、タイプ別におすすめの消費者金融を紹介していくので、消費者金融を選ぶ1つの参考にしてみてください。

  • タイプ1.速さと安心感で選んだ場合
  • タイプ2.ローンカードを持ちたくない場合
  • タイプ3.電話連絡を受けたくない場合
  • タイプ4.少しでも年利を低くしたい場合

タイプ1.速さと安心感で選んだ場合

新生銀行カードローン レイク 

レイク 新メインキャプチャャ-min

レイク 限度額

ボタン

レイク ポイント

詳細

新生銀行カードローン レイクでは土日祝日でも審査を受ける事ができ、最短即日でお金を借りる事ができます。
※即日融資に対応しているのは平日14時までに、申込と必要書類の確認が完了した場合となっております。

申し込み方法も豊富で、下記の5つがあります。 

  • WEB申し込み
  • アプリからの申し込み
  • 電話申し込み
  • 自動契約機での申し込み
  • 郵送での申し込み 

この中でも特に早いのが、「WEB申し込み」と「自動契約機での申し込み」になります。

申し込み状況にもよりますが、早い時は「申し込み~借り入れ」まで含めても1時間ほどで終わります。 

審査基準も特別難しいわけではなく、自立した生活を行っている人であれば、審査に通る可能性は十分にあります。

また、新生銀行カードローン レイクには、2つの無利息サービスがあります。

  • 30日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息

30日間無利息サービスは他のカードローンでもやっているサービスではありますが、2つ目の「5万円まで180日間無利息」は独自のサービスになっており、少額のお金を借りて少しづつ返済していくという人には、とてもおすすめのサービスになります。

6万円以上返済しないのであれば、28万円までの借入の場合、低金利カードローンや消費者金融と比較しても、「5万円まで180日間無利息」を利用した方がお得にお金を借りることができます。

アコム

ボタン

詳細

アコムでは、申し込みを24時間365日受け付けており、審査自体は平日や土日関わらず最短30分で終わるので、お急ぎの方でも安心です。?

ただ、申し込みは24時間365日対応していますが、審査対応時間は9時~22時までですので、当日中にお金が必要であれば遅くても20時までには申し込みをしましょう。

アコムの申し込みの方法は次の3種類ですが、「インターネット」か「自動契約機」を使う事が最も早くお金を借りるポイントになります。?

  • 電話
  • インターネット
  • 自動契約機むじんくん?

また、アコムは、最短即日でお金を借りることができ、スマホ等を使うことで「申し込み~契約」までをWEBで完結できるため、来店せずにお金を借りることも可能です。

審査基準も高いわけではなく、正社員ではなくパートやアルバイトで安定した収入を得ているのであれば、主婦や学生であってもお金を借りれる可能性があります。

しかも、アコムでは30日間の無利息サービスを受けることができるので、初めて利用するのであれば30日間はタダでお金を借りることができます。

最大手だけあり、他社カードローンが提供しているほとんどのサービスを提供しており、最大手という安心感やサービスの細かさがアコム最大の魅力になります。

タイプ2.ローンカードを持ちたくない場合

プロミス 

プロミス 新キャプチャ

ボタン

詳細

プロミスは、最短即日でお金を借りることができるので、急いでいる方でも安心です。

審査時間は最短30分であり、申込~借入までは最短1時間で終わります。

申し込み方法にはの4つがありますが、「WEB」か「自動契約機」からの申し込みが一番早く借り入れることができるのでおすすめです。

  • WEB申し込み
  • 電話申し込み
  • 郵送での申し込み
  • 自動契約機での申し込み 

しかも、プロミスなら正社員でなくても安定した収入さえあれば審査対象になるので、パートをしている主婦、アルバイトの学生でも審査に通る可能性があります。

また、最大金利が17.8%と他の消費者金融より低くなっているので、少しでもお得にお金を借りたいという人にも人気です。

プロミスの30日間の無利息サービスは、「お金を借りてからサービスが適用」されるので、無利息サービスを30日間フルで活用する事ができます。

他社の無利息サービスは、契約日から無利息サービスがスタートしてしまうため、契約日から10日後にお金を借りると無利息サービスは20日分しか受けることができません。

数あるサービスの中でも、プロミスオリジナルのサービスとして人気を集めているのが、女性オペレーター専用のダイアルであり、女性はもちろん男性でも疑問点や契約について女性オペレーターに確認することができます。

男性オペレータだと、どうしても聞きたい事が聞けないという方は非常に多いので、このサービスは非常に人気を集めています。

タイプ3.電話を受けたくない場合

SMBCモビット

SMBCモビット

モビット 限度額

ボタン

モビット ニュー3つのポイント

詳細

モビットは、モビットのアプリであるMy モビ」を利用すれば、セブン銀行ATMからお金の借入・返済を行うことができるため、モビットの審査対応時間である22時までに審査が完了すれば、その日のうちにいつでもお金を借りることができます。

もちろん、他のカードローン同様、振り込みや自動契約機を使ってお金を借りることもできるので、即日融資の選択肢が最も多いカードローンと言えます。

審査時間も他のカードローン同様最短30分ですので、早ければ「申込~契約」まで1時間で終わります。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

つまり、モビットは全カードローンの即日融資サービスを踏まえても、最も優れたものと言えます。 

審査基準も特別高いわけではないので、パートやアルバイトであっても、安定した収入を得ていれば十分に通る可能性があります。

また、モビットはWEB完結を利用することで、勤務先への電話連絡をなくすことができます。
※在籍確認は書類で行われます。

WEB完結では、書類も電子化できるので郵送物やローンカードを使わず、口座だけでお金の借入・返済を行えます

タイプ4.少しでも年利を低くしたい場合

三菱東京UFJ銀行 バンクイック

三菱東京UFJ キャプチャ

おすすめポイント

  • 銀行ならではの低金利
  • 平日時間外・土日祝日の振込申し込みで、翌朝9時までに入金

詳細

3大メガバンクの1つである、三菱東京UFJ銀行が発行しているカードローンが、バンクイックになります。

やはり、大手消費者金融に比べると、どうしてもサービスの数や柔軟さには劣ってしまいますが、一回だけお金を借りて返済したら、それ以上は使わないという人にはおすすめです。

4.お金を借りる上での注意点

それでは、お金を借りる上での注意点について軽くお話ししていきます。

  • 注意点1.1度に複数社に申し込まない
  • 注意点2.借入限度額を高く設定し過ぎない
  • 注意点3.無断で滞納しない

注意点1.1度に何社も申し込んではいけない

1度に何社も申し込んでしまうと、かなりお金に困っていると判断されてしまい、お金を借りる事ができなくなってしまいます。

今はバイトでもお金を借りる事ができるので、普通に1社だけ申し込めば大体の人がお金を借りる事ができます。

そのため、間違っても1度に複数社に申し込むという事はやらないようにしてください。

申込ブラック

1度に3社以上の会社に申し込んでしまうと、申込ブラックと呼ばれ、お金を借りる事ができなくなります。

また、1か月などの短い期間で4社以上申し込みを行っても、同じような扱いになる危険性があるので、注意する必要があります(3社目と4社目の間は半年以上あけると安全だと言われています)。

注意点2.借入限度額を高く設定しない

借入限度額(お金を借りられる金額)を高く設定してしまうと、審査に通りにくくなるので、必要最低限の金額を設定するようにしてください。

注意点3.無断で滞納しない

生活していると、急な出費や事故は誰にも避けられないものになります。

そのため、どんな理由であれ、返済日に間に合わない場合は、必ず連絡を入れるようにしてください

連絡をしていれば、なんとか改善案を示してもらえますが、連絡をしていないと、借金の1括返済等を求められてしまいます

5.まとめ

それでは最後に、今回の内容を簡単にまとめていきます。

  • 24時間いつでも来店不要で借りるためには指定の口座を持っている必要がある
  • 来店しない場合、平日14時~14時半まで審査を受ければ即日融資を受けられる
  • 審査に必要な書類を事前に準備しておく
  • 自分にあったカードローンを選ぶ
  • 1度に何社も審査を受けない

ローン大バナー