HOME  お役立ち記事絶対借りれる個人融資に安心はない!本当に融資してくれるのはココ!

お役立ち記事
絶対借りれる個人融資に安心はない!本当に融資してくれるのはココ!

絶対借りれる個人融資に安心はない!本当に融資してくれるのはココ!

この記事は、絶対に借りられる個人融資先を探している人に向けて書きました。

ネット掲示板やTwitterなどで、「個人融資している〇〇です。お金貸します」という書き込みがあると気になりますよね。

「本当にお金を貸してくれるんだろうか?」
「今すぐ借りれるのかな?」
「個人同士だから安心してやりとりできそう?」

など、個人融資についていろいろな疑問があるかと思います。

ここでは、個人融資の実情と実際に安心して借りられるかどうかについて詳しく解説していきます。

絶対借りれる個人融資に安心はない

v

個人融資は別名「個人間融資」と呼ばれており、融資先が金融業などを営んでいる企業ではなく一個人がお金を融資することをいいます。

そのため、身内や友達にお金を借りるような気軽な気持ちでお金を借りられると思う人が多く、ついつい個人融資に手を出してしまう人が後を絶ちません。

最初に断言しておきますが、絶対借りれる個人融資は存在します。

ただしその後、必ず闇金や犯罪などに巻き込まれ、借りたお金以上の多額の借金や罪を背負うことになります。

実際にTwitterで「個人融資」と検索すると、このように非常に多くの個人融資先が見つかりました。

Twitterで「個人融資」と検索すると

これらの投稿をよく見ると、あまり多くの情報を出さず、あなたの都合に合わせてしっかりと対応しますなどの誠意ある言葉で個人融資を募っていますね。

この人たちは本当に善意でお金を貸そうと思っているのでしょうか。

残念ながら、個人融資でまともな取引をすることは出来ません。

なぜなら、個人融資はまともな取引をしてもお金を貸す側が儲けを出せないからです。

では、個人融資は実際にどのような危険を冒して儲けを出しているのでしょうか?

個人融資の危険性

個人融資の危険性

個人融資でお金を貸す側の人は、何かしら犯罪まがいのことをしなければ大きな利益を出すことができません。

そのため、掲示板やTwitterなどで募集している個人融資はまず間違いなく危険性を含んでいますので、絶対に手を出さないようにしてください。

ここでは、一部ではありますがその危険性を解説します。

 事前に保証金や預り金を払わせる

あなたがもし個人融資でお金を借りて返済が出来なかった場合に、その返済を補充するという名目で、事前に「保証金」もしくは「預り金」を請求する個人融資があります。

個人融資で「保証金」や「預り金」という言葉が出た時点で注意です。

保証金を振り込んだ時点で、その個人融資主とは連絡が取れなくなり保証金だけを搾取されます。

もちろんこれは詐欺という犯罪なのですが、個人融資自体がグレーな取引なため警察が積極的に動いてくれることはありません。

個人融資でお金を貸す側は、実際にお金を貸さなくても保証金や預り金で儲けられるのです。

お金を借りた側は、お金を借りるどころか逆にお金を減らしてしまうことになるため「保証金」や「預り金」の言葉を見た時点で絶対に取引をしないようにしましょう。

 法外な利息を取られる

先ほどみたTwitterの個人融資募集もそうですが、募集時点で利息を明記している個人融資主は皆無です。

なぜなら利息は法律で決められているのですが、その利息通りお金を貸していても個人融資主は絶対に得をしないからです。

現在法律で定められている利息は、「出資法」では上限金利109%(年率)、「利息制限法」では10万円未満20%(年率)、10万円~100万円未満18%(年率)、100万円以上15%(年率)と定められています。

個人融資も利息制限法が適応されるのですが、出資法の109%(年率)以内であれば罰則がないため、正規の金融業者よりも多くの利息を請求してきます。

また、場合によっては出資法の109%(年率)を超える利息を請求してくる場合も多くありますので非常に危険です。

 犯罪に巻き込まれる

もし万が一お金を借りられたとしても、犯罪に巻き込まれる可能性が非常に高いです。

なぜなら、個人融資といえども身分を証明するために必ず個人情報のやりとりを行います。

あなたの名前や住所、免許証情報や口座情報に電話番号なども必ず交換することになります。

これらの情報が知らないうちに闇金や犯罪組織に転売されることで、闇金が借主の銀行口座に勝手に貸付を行い、暴利で返済をせまるという犯罪が実際に行われています。

また、返済が滞ると下記のように個人情報をSNSなどでばらまかれる場合もあります。

個人間融資で借りパク 個人間融資で借りパク

ここではこれらの投稿に添付してあった画像は表記しませんでしたが、名前や住所、免許証や借りる前に撮ったと思われる本人画像(モザイクなし)、自宅の外観などが添付されていました。

もちろん返済しないのも悪いのですが、このようにばらまかれた個人情報を闇金が回収して利用することも十分考えられます。

さらに、2019年に「ひととき融資」という個人融資が話題となりました。

利息の代わりに肉体関係を持つことを条件に融資をする個人融資のことで、特に女性を狙った個人融資です。

もちろん1回の関係で終わることはなく、行為中の動画や写真などを隠れて撮影されることで脅されるなどの二次被害も引き起こす非常に悪質な性犯罪につながってしまうのです。

 貸してくれる相手が闇金業者

掲示板やTwitterで個人融資を募集しているからと言って、相手が本当に個人かどうかを判断することはできません。

実は個人を装っている闇金業者ということもあり、借りたのはいいものの暴利の返済、激しい取り立てにあってしまう危険性があります。

ネットを介した個人融資は相手が本当に安心できる人かを判断することが出来ないですし、そもそも本当に善良な人が知らない人に得もないのにお金を貸すでしょうか?

しっかりと考えていただきたいところです。

個人融資の前に試すべき融資先

個人融資には絶対に手を出すべきではないことは伝わったでしょうか。

例えお金を借りることが出来たとしても、その後に間違いなく苦しい返済や場合によっては犯罪に巻き込まれます。

個人融資よりも確実に安心安全な融資先を紹介していきますので、必ずチェックし試してみてください。

 大手消費者金融を利用する

消費者金融というとどうしてもマイナスなイメージを持つ人もいるかと思いますが、現在の消費者金融は、明瞭な利息や利用者が便利に活用できるサービスなどが充実しています。

消費者金融という名前だけで躊躇している人はまず大手消費者金融に申し込んでみてください。

その大手消費者金融のなかでも特におすすめなのがプロミスです。

プロミスは初めての方なら30日間無利息サービス(Eメールアドレスの登録、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択が必要)を展開しています。

初回のご利用翌日から30日間は利息がないため、30日後までに一括で返済が出来ればなんと利息が0円で済みます。

利息なしでお金を借りられることは通常ありませんので、まだプロミスでお金を借りたことがない方は必ずチェックしておきましょう。

また、はじめての契約なら最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドをプレゼントしていますので、特におすすめです。

プロミス 新キャプチャ

ボタン

 公的支援制度を利用する

上記でプロミスに申し込んだけれど審査が通過しない、すでにプロミスで借りていて追加融資が期待できないという方は、公的支援制度を利用しましょう。

本当に困窮してしまった場合には、下記のような公的支援を利用することができます。

・生活保護
・失業保険(失業手当)
・母子家庭、父子家庭の住宅手当
・児童手当
・児童扶養手当
・出産一時金
・奨学金 など

人によりなぜお金が足りないかの理由によって利用する公的支援が異なるため、まずあなたはなぜお金を借りたいのかを明確にしましょう。

その上で利用できる公的支援があれば、早急に申し込みましょう。

お金が足りない場合別の対処法については、「お金が足りない時どうする?お金が足りない場合ごとに対処方法を解説 」で詳しく解説していますので参考にしてください。

 リサイクルショップやオークションを利用

もしあなたの周りに何か売れそうなものがあれば、それを売ってお金にする方法もあります。

洋服やバッグ、日用品や趣味で集めたコレクションなど、意外とまとまったお金になる場合もあります。

また、これは売れないだろうと思われるトイレットペーパーの芯や牛乳パックなどでもまとまった量があれば意外と売れたりします(小学生の工作用として)。

リサイクルショップであれば店頭買取、出張買取、宅配買取などがあります。

また、オークションであれば、ヤフオクやメルカリ、ジモティーなども人気ですね。

家の中が完全にからっぽという人は難しいかもしれませんが、不用品で売れるようなものがあれば積極的に活用するとよいでしょう。

 身内からお金を借りる

個人融資という点では同じような行動になりますが、大きな金額が必要でなければ頭を下げて身内からお金を借りるのが安心です。

知らない個人にどのような条件か不明瞭なまま借りるよりも、もし身内で貸してくれる人がいるならば頼るのも手です。

その場合には必ず借用書を作成し、誠実に返済をするようにしましょう。

個人融資をどうしても利用したいなら

個人融資をどうしても利用したいなら

上記の方法すべてでお金を得ることが出来なく、どうしても個人融資を利用したい場合に注意すべき点を挙げておきます。

再度言いますが、個人融資は本当に危ないお金の取引です。おすすめは絶対にしません。

 借りる相手の名前や連絡先を必ず調べる

掲示板やTwitterで個人融資を募集している人に実際に連絡を取ると、お互いの個人情報を提示しあいます。

その際、相手の名前と連絡先も入手できますので、必ずそれらをネットで検索して調べておきましょう。

場合によっては悪徳個人融資先として情報が載っている可能性もあります。

ただしその時に「この人は間違いなく借りられます!」などのプラスイメージの情報は鵜呑みにしないようにしてください。

本人や周りの闇金業者がサクラとして書き込んでいる可能性があるからです。

本人や闇金業者はネガティブな書き込みをすることはありませんので、ネガティブな情報がネット上にないかどうかだけ確認するようにしましょう。

 銀行口座の暗証番号は絶対に教えない

融資したお金を銀行口座に振り込んでもらう場合、どうしても銀行口座を教える必要がでてきますが、その際に、暗証番号は絶対に教えないようにしてください。

冷静に考えれば暗証番号を教えるということは、銀行口座を乗っ取られることになるため絶対にしてはいけないことだとわかるのですが、お金を借りるときになると弱い立場になるため強い口調で言われると暗証番号を教えてしまう人もいるのです。

暗証番号まで知られてしまうと、犯罪組織に口座情報が転売され、振込詐欺などの犯罪にあなたの銀行口座が使われるなど犯罪に巻き込まれますので絶対に教えないでください。

そもそも、銀行口座番号を教える行為も、前述した闇金から勝手にお金を振り込まれて身に覚えのない借金を背負わされることもあるので注意が必要ですが…。

 保証金や預り金を要求された詐欺

個人融資を行う前に保証金預り金の名目でお金を請求されたら、それは100%詐欺被害にあいます。

まともに保証金や預り金として機能させることはなく、これらのお金を入手した個人融資相手とは間違いなく連絡が取れなくなるでしょう。

どうしても個人融資を利用する以外の方法がない場合には、絶対に保証金や預り金を請求してこない個人融資相手を探すべきです。

絶対借りれる個人融資は犯罪に直結

以上、絶対に借りれる個人融資の実情と、個人融資から借りる前に試してほしい融資先の紹介をしました。

個人融資という気軽なイメージとは裏腹に、実際は犯罪の温床となっており社会問題にもなっている個人融資

少額だから…という気持ちで誘いにのってしまうと、闇金と同様に法外な利息や激しい取り立てに苦しむ毎日が待っているのは間違いありません。

もし、まだ大手消費者金融や公的支援制度を利用していないのであれば、積極的に利用することを考えていきましょう。

プロミスは結果がすぐ出る3秒診断

プロミス 新キャプチャ

ボタン