HOME  カードローン部  お金借りる絶対融資をしてくれるところはあるの?お金に困っているときに検討すべき手段を解説

お金借りる
絶対融資をしてくれるところはあるの?お金に困っているときに検討すべき手段を解説

絶対融資をしてくれるところはあるの?お金に困っているときに検討すべき手段を解説

この記事は、お金がどうしても必要で、絶対融資してくれる業者を探している方に向けて書いています。

「お金がないがどこに借りたらいいのだろう?」
「確実に融資してくれる業者はないのかな?」

という疑問に答えます。

今まさに融資先を探している方はぜひご覧ください。

絶対融資をしてくれる機関はない!甘い言葉の闇金に注意

結論から言うと、絶対融資をしてくれる金融機関はありません。

「100%審査なしで融資します」という甘い言葉を囁いているのは、違法な闇金業者です。どんなにお金に困っていたとしても、闇金を使うのは絶対にやめましょう。

ただし、金融ブラックや大手消費者金融(アコム・アイフル・SMBCモビット・プロミス・レイクALSA)の融資に落ちてしまった場合でも、お金を手に入れる手段はあります。
ぜひ、複数の方法を検討して、闇金以外のところからお金を工面するようにして下さい。

絶対融資をしてほしいときに考えるべき5つの手段

絶対に融資をしてほしいのに、大手の金融機関での審査に落ちてしまったり、金融ブラックでそもそも借りられなかったりして、困っている人もいるでしょう。

ここでは、お金を手に入れられる可能性がある方法を5つ紹介します。

  1. 街金などの中小消費者金融
  2. 質屋
  3. 公的な補助金の利用
  4. 給料ファクタリング
  5. 保険の契約者貸付制度

一人ひとり使える手段は異なるので、ぜひ目を通してみて下さい。

【融資の手段1】街金などの中小消費者金融

大手の金融機関に落ちても、中小消費者金融ならば審査に通る場合もあります。
それぞれの業者が独自の基準を設けていますが、大手になるほど機械的にスクリーニングをする傾向があります。中小消費者は人の手で審査しているところも多く、個別の事情が勘案されやすいのが特徴です。

特に地域密着型の消費者金融である街金は、審査に通りやすいので選択肢の一つに入れてもいいでしょう。ただし、大手に比べて金利が高めになることが多い点には注意して下さい。

【融資の手段2】質屋

質屋では、ブランド品などの物品を担保にしてお金を手に入れることができます。

物品の審査はありますが、本人の履歴調査がないため、債務整理や支払い延滞などの金融事故を起こした人でも利用できるのが特徴です。特に質入れと呼ばれる方法ならば、期限までにお金を返済すれば物品を取り戻すことができます。

逆に、支払いができなかった場合でも、物品が質屋のものになるだけで、それ以上支払いをする必要もありません。

【融資の手段3】公的な補助金の利用

金融機関からお金を借りられない状態でも、公的な補助金や融資を受けられる場合もあります。お金が急に払えなくなってしまった人が使えるのは、下記のような制度です。

  • 住宅支援給付
  • 緊急小口資金貸付制度
  • 生活福祉資金貸付

家賃が払えなくなってしまったり、仕事を失ってしまったりといったお金がない理由に合わせて様々な補助金が用意されています。なかには無利子で貸付してくれるものもあるので、困っている方はぜひ調べてみて下さい。

ただし、貸付には自治体の審査が必要です。少なくとも1週間待つ必要があるので頭に入れておいて下さいね。

【融資の手段4】給料ファクタリング

給料ファクタリングは、毎月の給料を債権として見なし、業者に買い取ってもらう方法です。給料債権を現金にすることで、給料日前にお金を手に入れられます。

安定した給料をもらっている人であれば、ブラックの方でも使えるのが給料ファクタリングの特徴です。この方法は借り入れには当たらないので、利用した情報も信用情報機関に残りません。

ただし、給料ファクタリングは手数料率が10〜30%に設定されています。ローンなどに関する法律である貸金業法では、借入金額に応じて年利の上限が15~20%と決められていますが、これよりも高いので、使いすぎに注意しましょう。

【融資の手段5】保険の契約者貸付制度

生命保険に入っている方は、解約返戻金の一部を借りられます。

解約返戻金は、保険を解約したときに貰えるお金です。このお金を切り崩して借りられる制度で、保険を解約せずにローンより低金利で借りられる(概ね年利2~8%)のがメリットと言えるでしょう。

今の保険の契約状況によって借り入れできる金額が変わるので、一度契約内容を調べてみることをおすすめします。

【NG】絶対融資が必要でもやってはいけない行動

絶対融資が必要な状態でも、やってはいけない行動もあります。お金欲しさに焦って誤った行動を取ると、後々のトラブルの原因になるので絶対にやめましょう。

ヤミ金から借りる

お金を借りるアテが見つからないからといって、闇金からお金を借りてはいけません。闇金は貸金業の登録をおこなっておらず、法外な金利でお金を貸し付けています。

貸金業法では、金利は最大でも20%と定められているので、これ以上の利率を提示しているところは避けましょうのちに返済できなくなったときに、無茶な取り立てや脅迫に苦しむ可能性が高いです。

複数の会社に同時に申し込む

どんなにすぐにお金が必要でも、複数の会社に同じタイミングで融資の申し込みをしてはいけません。

短期間で大量の会社の審査を受けると、申し込みブラックと呼ばれる状態になります。短期間のうちにいろいろな消費者金融会社に申し込みをしていると、「この人は相当金に困っているのではないか?貸したお金をちゃんと返してくれるのだろうか…?」と判断されてしまうのです。

申し込みブラックだと、本来ならば融資を受けられる状態であっても審査に落ちてしまいます。6ヶ月以内に3回程度の申込みをするとブラックになる可能性が高いと言われているので、焦る気持ちはわかりますが、同時申し込みはやめましょう。

虚偽の情報を提出する

お金を借りるために、年収や氏名を偽って申請するのは絶対にやめて下さい。特に本人確認書類を偽装した場合は、詐欺罪になってしまいます。

消費者金融の借入審査では個人信用情報や勤務先への在籍確認などをとおして虚偽の申告がないかチェックしているため、嘘をついてもバレてしまいます。一度嘘をついたことがバレると、今後の審査にすべて落ちる場合もあるので、正直に申告して下さいね。

絶対融資が必要な状況から抜け出すためにすべきこと

もし融資を無事受けられても、そこで安心してはいけません。今後同じ状態を繰り返さないように、お金がない状態から脱出する方法を検討しましょう。

ここでは、融資が必要な状態から根本的に抜け出す方法を3つ紹介します。

  1. 信用情報の開示請求
  2. おまとめローンで利息を減らす
  3. 債務整理

信用情報の開示請求

金融事故の情報には時効があり、一定期間たつとブラックリストの情報は消えます。そのため、金融事故を起こしてから5年程度経過した方は信用情報の開示請求をしてみましょう。
開示請求先は以下の3社です。

<銀行系金融期間からの借入情報>
全国銀行個人信用情報センター

<ローン会社系の借入情報>
株式会社日本信用情報機構(JICC)
株式会社シーアイシー(CIC)

すでに情報が消えている場合は、再び金融機関でお金を借りられるようになります。

おまとめローンで利息を減らす

ローンの返済に困ってお金が足りなくなっている場合は、おまとめローンも検討してみましょう。今までよりも低い金利で、複数の借り入れを一つにまとめることで、月々の返済の負担を下げることができます。

多重債務状態から抜け出すためにも、おまとめローンは有効です。すでに複数の会社からお金を借りている場合は検討してみましょう。

自分にあったおまとめローンを探してみたい方は、「タイプ別!おまとめローンの比較とおすすめのおまとめローン」の記事もご覧ください。

債務整理

お金を借りていて、返済に困っている方は債務整理も選択肢の一つになります。なかでも、生活に支障がない範囲で返済できるように、借金の減額や金利の調整を交渉するのが任意整理です。

裁判所を通さず、無理なく返済しやすいように借金を整理することができます。また、払いすぎていたお金がある場合は、過払い金請求で取り戻すことも可能です。
返済にどうしても困っている場合は、法律事務所にぜひ相談してみて下さい。

絶対融資が必要な状況ほど焦るのはNG!適切な対処でお金を工面しよう

絶対融資が必要な状態こそ、適切な手段を選ぶべきです。焦って闇金にお金を借りてしまうと、その後ますます工面に困ることになります。

お金を手に入れる手段は補助金を含め、金融機関以外にもさまざまな選択肢がありますぜひ冷静になって、ご自身にあった手段を選んでみてください。

プロミス

プロミス 新キャプチャ

プロミス 利用可能額

ボタン